不労所得で寝て暮らしたい!(仮)

家と職場の往復からいつかリタイアしたい公務員の雑感です。

80万円まで高騰したビットコインと私の仮想通貨投機の負けっぷり

ビットコインがついに80万円の大台に乗りましたね。一時は100万円直前まで高騰しました。だけどビットコインは高騰し過ぎてるので手を出せない。よって別の安くて成長しそうな通貨に資金を投入しようと思ったのが運の尽きでした。

 

以下で私の仮想通貨の負けっぷりと、何故負けても手放さないのか、成長しそうな通貨に投機する意義についてまとめました。

 

 これがコインチェック取引所のポートフォリオです。

 

コインチェック取引所サイト

f:id:kamui-takashi:20171103153009j:plain

 

リップルは現在23円くらい。全投入金額が15万円なのでマイナス11000円ちょっとです。こちらは前に公開してたと思います。

 

そしてこれが初公開のzaif取引所のポートフォリオです。

 

Zaif取引所サイト

f:id:kamui-takashi:20171103153250p:plain

 

XEMは現在20円弱、昨日今日で17円台まで落ち込んでます。あれですかね、韓国がXEM投資に参加しないとか、ビットコインに資金が集中してアルトコインが軒並み下がってるのダブルパンチですね。

 

本当に仮想通貨で儲けようとするのであれば、ここでリップルもXEMも損切りして、ビットコインに乗り換えるのが正しいのでしょう。だけど私は乗り換えたところで、高騰と激しい上下を繰り返すビットコインで勝てる気がしません。勝てるのはFXの才能のある方だけでしょう。

 

わたしの場合、仮想通貨投機は「投資」ではないので、予備のそのまた予備の当分使わないであろう資金をして、取引所サイトを2、3年閲覧せずに気絶するのが一番だと思っています。

 

ですが、こうやってビットコインが高騰すると取引所サイトをチェックしたくなってしまうのが人間の性です。そして上記のポートフォリオを確認して絶望する私がいます。

 

この絶望から自らを救うためにわたしが持ってるリップルとXEMの将来性について補完してみたいと思います。

 

まずリップルについて

リップルは国際送金の革命を起こそうとしています。今までの国際送金は銀行の営業日しか送金できず、しかも送金相手国によってはさらに数日掛かってました。ですがリップルを使えば数秒以内、つまり一瞬で送金できるようになるとのことです。(しかも手数料も下がる)

 

ただ、リップルは1000億枚しかなく、しかもトランザクション手数料等で僅かずつ減っています。現在の枚数が999億9000万枚以上あるということで、リップル自体が無くなることは当分ありませんし、僅かずつ減るということは枚数増加による価値下落はありえません。

 

よってリップルが将来国際送金に使用されるとしたら、皆が認める通貨になれば価値は上がるでしょう。ただし、単なる国際送金のための通貨だとしたらその価値は1ドル前後100円がいいところでしょうが、それでも今の5倍です。

 

次にNEM(XEM)について

NEMはビットコインよりもセキュリティが高く、送金処理件数が今後のアップデートで1秒に3000件処理できるようになるそうですが、11月3日今日現在まだ実装されてません・・・。ちなみにビットコインの処理件数は1秒に14件。

 

セキュリテイが高く、処理速度も今後アップするというのを見込んで買ったのですが、また価値が下がってきてますので、今こそ買い時だと思います。(私にはもう投入できる予備資金がありません)

 

名前がそこそこ売れている低価格な仮想通貨に手を出したのですが、結局はみんなが使ってみんなが信用しないと価値は上がらないんですね。リップルとネムの価値が上がることを願って待ちましょう。