不労所得で寝て暮らしたい!(仮)

家と職場の往復からいつかリタイアしたい公務員の雑感です。

ふるさと納税は税制面以外では損をしているという事実

ふるさと納税を節税として利用している方に考えてもらいたいのですが、それって本当にお得ですか?って話です。ふるさと納税の制度や節税の仕組み、返礼品の還元率について紹介しているブログはあっても、本当に得なのか考察したブログが見当たらなかったので書きたいと思います。

 

 

ふるさと納税の仕組みについては以下を参照して下さい。私は昨日までワンストップ特例制度を知らず、去年たまたま初めて行った確定申告の面倒さと税務署の混雑ぶりがイヤでふるさと納税を利用しようとは思ってませんでした。

 

biz.moneyforward.com

 

大雑把に言いますと、普段確定申告の必要が無い会社員や公務員で収入が1箇所だけであれば、年5回以下の寄付まで確定申告の必要がないとのこと。いつの間にかハードルが下がってたのですね、情弱でした。

 

ここからが本題、わたしもふるさと納税で節税して得しようと調べたのですが、結果は以下の精米15kgを選ぶことにしました。

庄内町ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)のご案内(平成29年10月10日更新)

 

家電や金券をオークションに出して売るのは面倒だし、そもそも売れなかったら怖いし、精米以外の食べ物は日持ちしないので一気に送られてくても困る。そういった理由が選定理由です。

 

あと、精米はどんなに高級でも値段はたかが知れてます。ですが高級肉や高級海鮮はどうでしょう?確かに2000円以上の価値ある高級品が還ってくれば、その分得をしたことになります。

 

ですが、皆さんは普段から高級品を食べてますか?還元率ばかりを気にして、普段は買わない高級品を手に入れても、それは贅沢品を浪費したに過ぎません。まあ、家電や金券をオークションに出している人は関係ないかもしれませんが。

 

f:id:kamui-takashi:20171029141216j:plain

 

そうです、要するにふるさと納税は税金の先払いに過ぎないのです。高級なものを食べず、普段から慎ましい生活を行っているとしたら、「通常は行わない贅沢に金を掛けただけ」なのです。

 

「たまには贅沢したい!」という方は大いにふるさと納税を利用すべきでしょう。そのための高級な返礼品の数々なのです。ですが、徹底的に節約したい、お金を増やしたいという方は、一歩立ち止まって返礼品を厳選すべきでしょう。「その返礼品は本当に必要なものなのか?」ということを。